ファクタリングを利用する際の注意
〜悪徳業者・違法業者はここをチェック!〜

ファクタリングを利用する際の注意 悪徳業者・違法業者はここをチェック!

これまでファクタリングとは何か、そしてそのメリットやデメリットについてご紹介してきました。売掛金という資産を利用してスピーディーに資金調達できるファクタリングは、今、注目を集めています。

そでは、実際にファクタリングを利用する際には何に注意すればよいのでしょうか。また、悪質な業者を見抜くポイントなどもお話ししたいと思います。

手数料は適正か確認する

ファクタリングの手数料は会社によって違いがあります。同じ会社でも金額、スピードなどから手数料は変わってきますが、資金繰りに行き詰まった経営者を手玉にとって法外な手数料を取る業者もいるようです。

ファクタリングを利用する前には必ず、手数料の相場を調べておくことをおすすめします。

 

売掛先への承諾が必要かを確認する

ファクタリングには、①ファクタリングを利用する会社②ファクタリング会社③売掛先(取引先)の3社間で契約を結ぶ「3社間ファクタリング」と、売掛先の承諾は必要なく、①ファクタリングを利用する会社②ファクタリング会社の2社間で契約を交わす「2社間ファクタリング」があります。

3社間のファクタリングの場合、2社間に比べて手数料が比較的割安というメリットはあるものの、売掛先への承諾が必須となり、ファクタリングの利用が売掛先へ知られる点はデメリットとなります。その事実を知られることで、売掛先からの信用低下につながる可能性も否めないからです。

ですから、ファクタリングを利用する際は、3社間がいいか2社間がいいか、よく考えてから会社を選ぶようにしてください。

 

いくらから買取可能か確認する

売掛債権が大口な場合はあまり問題にならないのですが、100万円以下の小口の場合、買取をしていないファクタリング会社も存在します。特に個人事業主や小さな会社の場合、10〜30万円程度の小口の売掛金を利用したいというケースも多いですから、ファクタリングを利用する際は、いくらの売掛債権を譲渡したいのか、そしてその金額を買い取ってもらえるファクタリング会社かどうかを事前に確認するようにしてください。

 

償還請求権があるかないかを確認する

ファクタリングには、償還請求権があるもの(=リコース)とないもの(=ノンリコース)があります。

償還請求権とは、遡って請求する権利のことです。銀行融資やビジネスローンは償還請求権がある契約がほとんどです。たとえば不動産を担保に2000万円を借りた会社があるとします。しかし返済が不能となり、金融機関が不動産を売却したものの、不動産の価値が1000万円に下がっていた。こういった場合、金融機関は1000万円損をした状態になり、償還請求権があれば「残りの1000万円をほかの方法で返してください」と要求ができるのです。一方、償還請求権がない場合は、不動産の売却金額までしか請求ができません。

では、ファクタリング契約で償還請求権があるかないかでは、どう変わるのでしょうか。

償還請求権がある契約の場合は、万が一売掛先が倒産すると利用会社が支払い責任を負わなければなりません。償還請求権がない契約の場合は、売掛先が倒産したとしても、ファクタリング利用会社に支払い義務は生じないのです。

逆に言えば、償還請求権のない、つまりノンリコースのファクタリング契約であれば、売掛先の倒産リスクも含めて買い取ってもらえるということになり、利用会社にとってメリットも大きくなります。

 

契約書の控えを取っておく

収入印紙を節約するため、契約書の控えを発行しない業者も中にはいるようです。ただ、何かが起きたときに、契約書の控えがあるのとないのとでは大きな違いが生まれます。ファクタリングを利用する際は、早期に資金が欲しい一心で、利用する側は焦りがちです。しかし、どのような状況下でもしっかりと契約内容を把握し、控えを取っておくようにしましょう。

控えを取っておけば、たとえばファクタリング会社から万が一入金が遅れた、などといったトラブルにも有効的に使えます。

なお、契約書は一般的に

    • 契約日
    • 債権者
    • 債務者
    • 買取額
    • 債権の発生原因
    • 弁済の期日
    • ファクタリング手数料
    • 入金期日

などが記載されています。内容に疑問点が残る、手数料が高く感じるなどあれば、契約する前に別のファクタリング会社に見積もりをお願いするのもひとつの手です。

 

悪徳業者・違法業者の見分け方

    • 固定電話がない

営業電話がいつも携帯電話、などという業者は注意が必要です。きちんと登記した法人であれば事務所を構え、固定電話も引くのが普通ですが、それがないとなると、闇金融のような違法業者の可能性もあります。

 

    • 契約書を発行しない

こちらも上にも書いたことですが、優良な業者であればしっかりとした契約書を用意しており、利用する側にとって納得できる説明があるはずです。ファクタリングを利用する際は、必ず契約書を交わすようにしてください。

 

    • 手数料だけを取り、買取金額の支払い期日を伸ばす

買取金額と決済金額の差額(=ファクタリング手数料)だけ支払い、買取金額の支払い期日を伸ばす方法を「ジャンプ」と言いますが、こういう提案をしてくる会社には要注意です。手数料のみを支払い続けることになり元金が一向に減らず、キャッシュフローが改善するどころか、借金が膨れ上がってしまいます。

要は、ファクタリング手数料の支払いではなく、高い利息を支払っているようなもの。このような悪徳・違法業者は「分割払いでも大丈夫です」「期日をさらに伸ばしましょう」「闇金からの借り入れより安心です」などと甘い言葉をかけてきますが、これこそが闇金の手法です。

 

    • 保証人や担保を要求される

ファクタリングは売掛債権という資産を買い取ってもらうサービスなので、保証人や担保は必要ありません。保証人や担保を要求してくる会社はほぼ悪徳業者と言っても過言ではないでしょう。

 

    • 融資を提案してくる

ファクタリング会社であるはずなのに、融資を提案してくる場合も悪徳業者の可能性が高いです。「今回利用していただいたので無審査でOK」「すぐに融資します」などとおいしい言葉を並べる業者には細心の注意を払ってください。闇金をしているような違法業者の可能性があります。

 

    • 会社情報が開示されていない

ホームページなどを見ても、代表者名や所在地などが明示されていない会社も注意が必要です。電話口での対応なども参考にして、信用できるか肌で確認してみてください。また、悪徳業者や違法業者の場合、面談を避ける傾向がありますから、可能であれば、直接事務所に出向くこともおすすめです。

 

優良ファクタリング会社で資金調達を

今回は、ファクタリング契約をする際の注意点、また悪徳業者や違法業者についてご説明しました。経営を安定させるためにファクタリングは大きな武器となりますが、使い方や悪徳業者に引っかかっては本末転倒です。しっかりとした目でリスクヘッジをしながら、利用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です